macOS Sierra と Creative Suite 6(CS6)の互換性問題には、注意ってことか。

IMG_0548
macOS Sierra と Creative Suite 6(CS6)の互換性問題には、注意ってことか。
mac環境のデザイナーさん多いしね。
社内案内がてらにメモメモ。

【まず、それぞれの意味として】

macOS Sierra とは
最新のmac用のOSです。(windowsで言う、windows7や、windows10などの呼称がこれに該当って感じですかね。)
セキュリティ強化やバグの改善を目的としたアップデートと違い、自動でアップデートされることはなく、本人が故意でアップデートしない限り、アップデートはされません。のはず。(笑)
このアップデートのことをメジャーアップデートと呼びます。

スポンサーリンク


最近のmac用のOSは、無料で、メジャーアップデートが可能なため、何も知らずにメジャーアップデートを行い、トラブルに見舞われるケースも増えています。本来は、使用している環境(ソフトウェアやプリンタなどの周辺機器が、新しいOSに対応しているかを確認してから、メジャーアップデートするといった手順になります。
通常のアップデートで、自動で、メジャーアップデートされることはありませんが、最新版ということで、メジャーアップデートされる方が多いのが現状ですかね。

Creative Suite 6(CS6)
よく、CS6などと呼ばれます。Creative Suite自体は、複数ソフトウェアの集合体のことを指します。
業務でよく利用する、Illustartor、Indesignもこれに含まれます。

スポンサーリンク

スマホのみ下に表示