vbsでフォルダを開く


vbsでフォルダを開く。
ファイルコピーした後などに、実際にコピーされているかを確認するために、対象のフォルダを開くために使ったり。

Dim FN ' フォルダ名
Dim objShell

FN = "C:\対象フォルダ\"
Set objShell = WScript.CreateObject("Shell.Application")
objShell.Explore FN
Set objShell = Nothing

スポンサーリンク

スマホのみ下に表示