車中泊なら、車用網戸!小さな子どもの安全対策にも便利!

2016/10/11

IMGP1126
車用の網戸です。
ウィンドーバグネット(株式会社アイズ)
という商品。

スポンサーリンク


なにかと、荷物を積むときに活躍してくれるバモス「ホビオ」ですが、車中泊にも、いい車。
ちょっと疲れた時や、がっつり寝たい時には、フラットな荷室が、役に立ちます。
荷室は基本的にフラットですが、荷室だけでは、寝るには狭いですね。そこで、後部座席を収納状態にしますが、バモス、ホビオともに、収納状態でも、荷室と後部座席に若干の段差が出来てしまいます。
なので、何かしら、そこには、段差を埋める工夫が必要です。私は、以下のものを使っています。
「クイックキャンプ 車中泊マット 8cm厚手 キャンピングマット QC-CM8.0」
さすがに、8cmあると、寝心地がよすぎます。後はお好きな寝袋を!ってとこです。(笑)

で、本題。

ま、車の中で、寝るのはいいとして、ちょっと休憩くらいなら、エンジンつけっぱでいいですが、さすがにがっつり寝たい時に、何時間もエンジンつけっぱは、避けたいですね。
とはいうものの、冬の車中泊なら、下に敷くマットとそれなりの寝袋と、着こんでOKなんですが、夏はそうもいきません。夏は、エンジン止めたとたん、社内はどんどん気温が上がります。かといって、少しでも窓開けて寝てると、いつのまにか、「プ~ン」「ブ~ン」って、蚊と戦う羽目に!車の中の蚊って、ものすごくイヤですよね。
夜でも、窓を開けてると蚊が入ってくるのは、蚊というのは、二酸化炭素をキャッチする能力がすごく長けているそうで、人の吐く息に、気づきやすいとのことです。

スポンサーリンク

スマホのみ下に表示