複数の空白を一つにする神関数! TRIM の excel関数と vba の処理の違い

2018/04/29


複数の空白を一つにする、TRIM の 関数と vba の処理の違い

Excel関数の TRIM

1、セル内の文字の前後の空白を全て削除
2、セル内の文字の途中にある複数の空白を1つにする

=TRIM(" A B C ") ⇒ "A B C"

スポンサーリンク

----- べんりあつめ。-----
VBAの TRIM(関数と同じ処理は出来ない)

1、文字列の前後の空白のみ全て削除
※文字列の途中にある複数の空白は、そのまま。

TRIM(" A B C ") ⇒ "A B C"

VBA で TRIM を使う場合は、これ↓(関数と同じ処理が出来る)

1、セル内の文字の前後の空白を全て削除
2、セル内の文字の途中にある複数の空白を1つにする

Application.WorksheetFunction.Trim(" A B C ") ⇒ "A B C"

なんて素敵なんだwwwwwww! TRIM は、神だ!

スポンサーリンク

スマホのみ下に表示