Windows7 のすごく便利だった「以前のバージョン」機能。Windows10 の「以前のバージョン」ではどうなっているのか?

【無料】いまからはじめるWindows10|ダウンロード版

windows7 の時の、「以前のバージョン」機能はすごくお世話になった。

windows8 になって、「ファイル履歴」ってやつになって、「以前のバージョン」は姿を消しましたが、windows10 で復活です。

ただし、どうも、この windows10 の「以前のバージョン」は、winsows7 のときと違っていて、古いファイルが欲しいと思って、「以前のバージョン」タブを表示させても、何も入っていません。
これじゃ使えないので、調べてみたら、
「以前のバージョン」機能は、復元ポイントから情報を抜き出しているとのことで、この復元ポイントの定期作成が、windows7 と windows10 では、違うためでした。
定期的に、復元ポイントを作っていた windows7 と違って、windows10 は、システムに大きな変化がないと作ってくれない設定になっています。

ということは、その設定を定期的にすればいい!
ってことで、その設定です。(もちろん、その分、空き容量は必要になってきますので、ご注意を!)

スポンサーリンク

----- べんりあつめ。-----

スタートメニューを右クリ ⇒ regedit(Ctrl + Shift + Enter)⇒

アドレスバーに↓を貼り付けて、エンター
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\SystemRestore
SystemRestorePointCreationFrequency

■タスクスケジューラーで設定する方法
スタートメニューを右クリ ⇒ タスクスケジューラーライブラリ ⇒ Microsoft ⇒ Windows ⇒ SystemRestore

スポンサーリンク

スマホのみ下に表示