べんりあつめ。

絶妙バランスを目指したい!絶対領域ブログ!

iPhone の 緊急SOS は、iPhone使っている人はもちろんだけど、iPhone使っていない人も、絶対知っておいたがいい!


iPhone の 緊急SOS は、iPhone使ってい人はもちろんだけど、iPhone使っていない人も、絶対知っておくべき!

iOS11から、設定項目のひとつに、「緊急SOS」があります。
緊急SOS電話(インド以外)能は、初めから使えるようになっています。
発作持ちなど病気がちの人に限らず、どんな人でも知っておいた方がいい機能です。
世の中、いつどんな事故にあるかわかんないし、そんなとき、指先だけで、助けが呼べるなら、設定していて損なしだよね。
場所も一緒に送信してくれるから、緊急車両も的確に来てくれそうやん。
それに、動けなくなった人がiPhone持ってる場合は、その人のiPhoneから、緊急SOSをしてあげることで、ロックが掛かっていても、家族へいち早く知らせることも可能だしね。

どんな機能なの?

1、緊急時(事故や怪我、病気などで、自分があまり動けなくなったときとか)に、単純な操作で、緊急SOS電話を掛けることが出来る機能です。
※操作は、ロック解除しなくても出来る。

この機能の使いかたは?

ロックされていても、以下の操作で使うことが可能です。
1、電源ボタンを5回、すばやくクリック。(iPhone7まで)
2、サイドボタンと音量ボタンの長押し(iPhone8)
※設定で、サイドボタン5回に追加も可能

----- べんりあつめ。-----

緊急SOS電話は、どこに掛かるの?

選べます。
1、警察(110)、海上保安庁(118)、消防車・救急車・救助車(119)
2、任意の連絡先(連絡先に登録している中から選択)

初期設定では、電源ボタンを5回クリックすることで、SOSボタンが出てくるの、スライドすると、1の選択画面になります。選択するこで、電話を掛けるという操作になります。

緊急連絡先に、家族などの任意の設定をすることはできるの?

できます。
ヘルスケアアプリ内で、メディカルIDを作って設定しておきましょう。
メディカルID内で、緊急連絡先を設定できます。
余談ですが、メディカルIDには、病気やけが、アレルギー、使用中の薬など、治療を受ける際に重要な情報も記録しておけます。緊急時に治療を受ける際は、重宝するかと思います。

自動で電話が掛かるの?

スポンサーリンク

スマホのみ下に表示