Aftereffects の無料プラグイン!saber のインストール方法

2018/10/26


Aftereffects の無料プラグイン!Saber

かなり有名なプラグインなんだけど、コレ、動作環境のアプリケーションが、CC2015まで。
最新版の CC208 とか、CC2017 では、そのままインストールしても、メニューのエフェクトから、Saber(正確には、エフェクトのところに、Video Copilot ってあるから、そこに、Saber がある)に表示されていないので、使えないのね。

でも、大丈夫!
プラグインファイルさえ、入手すれば、いいんです。
Saber 自体は、CC2017 CC2018 CC2019 でも動くのです。「Saber.aex」という、Saber のプラグインファイルが入手できれば!

そこで、プラグインファイルの入手方法!
Macの場合は、SaberInstalelr.app を右クリックし、「パッケージの内容を表示」で、Contents ⇒ Resources で、Saber.plugin を取り出せます。簡単やね。Mac。素敵。

でも、俺の環境は、メインは Windows であって、インストーラーから、Mac みたいには、取り出せない。。。
どうしよう。。。
ということで、面倒だけど、CC2015 をインストールしてから、Saber のインストーラーで、インストールしちゃえばいいんです。
Adobe CC は、CS6 までなら、古いバージョンをインストールできるからね。
ということで、簡単に手順説明。

スポンサーリンク

----- べんりあつめ。-----

1、Adobe AfterEffects CC2015 をインストール
2、Saber のインストーラーをダウンロード。
Saber - フラッシュバックジャパン
3、Saber をインストール。
4、ここから、「Saber.aex」という、Saber のプラグインファイルを入手。
※VideoCopilot というフォルダができていると思うので、フォルダごとコピーしておこう。
5、AfterEffets CC2018 のプラグインフォルダに、コピーしておいた「VideoCopilot」のフォルダを貼り付け。
プラグインフォルダは、ここね。
C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CC 2018\Support Files\Plug-ins

これで、Okです。
今後も、AfterEffects はバージョンアップしていくだろうから、この Saber.aex とうファイルは、別で持っておいた方が良さそうですね。まぁ、いつまで、新しいバージョンで動くかという問題は残りますが、バージョンアップの内容で、エフェクト関係のプログラムの仕組みに大幅に変更がなければ、しばらくは大丈夫でしょう!

Saber 。有料でもおかしくないくらい、強力で、派手なプラグインなので、ぜひ、インストールして、楽しもう!
AfterEffects の 無料エフェクトプラグイン Saber のエフェクト一覧 - べんりあつめ。

スポンサーリンク

スマホのみ下に表示