無線LANセキュリティ設定1(無線機の名前を見えなくする)

imgp1437
まずは、1つめ!

SSIDを見えなくする。ステルス機能。(ANY接続のチェック外す。)

windowsだと、右下の無線のマーク押したときに見える無線基地局のリストから見えなくするということ。
見えないから、試しにパスワード打つなんてことすら出来なくなります。
これだけでも、ずいぶん安心じゃないですか?
だって、見えないものは接続できないし!
(といっても、それを見えるようにするツールなんてのもありそうだけどね・・・)
ま、だとしても、ふつうじゃ見えないから安心しますよね。

スポンサーリンク

【設定方法】
バッファローの無線機は、ANY接続と表現しているので、そのチェックを外します。

1、エアーステーション設定ツールを使って、まずは、設定画面にログイン。

2、無線設定⇒ 2.4GHz⇒ ANY接続のチェック外す。
※必要ならここで、SSIDの名前を変えます(「値を入力」のところがSSIDの名前になります)
WPA-PSK(事前共有キー)ってところが、パスワードですね。
バッファロー製品は、無線本体に、初期設定時のパスワードがシールで貼られているので、心配な方や、変更をしましょう。
ま、出来れば、変更をお勧めします!(ただし!忘れないようにね。)

3、設定ボタンを押せば、これで終了です。無線の一覧に、名前が見えなくなりました。
これだけでも、ずいぶん安心感が違いますね。

※5GHzも同じように設定をしますが、SSIDの名前(値)は、違う名前にします。任意の名前の後ろに、5とか、24とか付けておけば、自分でもわかりやすいかも。

無線LANセキュリティ設定(これだけはやっときたい!)
無線LANセキュリティ設定1(無線機の名前を見えなくする)
無線LANセキュリティ設定2(通信機器を制限する)
無線LANセキュリティ設定3(ワンタッチ接続を無効にする)

スポンサーリンク

スマホのみ下に表示