スマートウォッチを2年間使った結果(Huawei Watch を2年使ったよレビュー)

2018/03/16

スポンサーリンク

----- べんりあつめ。-----

ス・ゴ・ク! 便利じゃないですか!

なんでみんな使わないんだと思うくらい。

使っているのは、Huawei Watch 。
バンドは、wena wrist がおススメ!もしくは、メタルバンドですね。
シンプルなので、ビジネスの場でも、自然です。
ベゼル部分は、2年でだいぶ傷だらけになったけど、サファイアガラスはすごく丈夫!
当然、傷一つなく、つやっつやのピッカピカ!
電池も、仕事の日は、毎日充電で2年間使ったけど、電池寿命の減りを感じることなく、まだまだ使い続けられそうです。

スマートウォッチの出始めは、それこそ、Apple Watch みたいに、普段は画面が消えていて、見るときだけ画面表示みたいなことがもてはやされていましたが、時計ってあらゆる角度から見ません?
もともと、腕時計使う派だったので、仕事してるとき、一人でもくもくとやっているときはもちろん、打ち合わせの時や、会議など、時間を確認するときって、腕がどんな角度でも見えていないと意味ないと思うんです。
なので、常時表示があたりまえじゃないと使えません。なので、iPhone 使っているけど、Apple Watch の仕様はどうにも理解できず、それに、ディスプレイのことを考慮して四角いデザインの時計なんだろうけど、個人的には、丸いデザインが好きなので、Huawei Watch を選択しました。

Huawei Watch は、もうすでに2年前のものとなってしまい、第2世代も発売されましたが、個人的には未だに、初代の Huawei Watch は、ナンバーワンダフルな、スマートウォッチだと思います。
ビジネス利用では、毎日使うのが前提なので、汚れなどを考慮すると、メタルバンド必須です。
この、メタルバンドとの組み合わせが、すごく Huawei Watch の魅力を増してくれます。
日本発売モデルは、巻き式のメタルバンドしかないですが、公式にはワンプッシュ式のメタルバンドもあるし、もっと便利にするには、改造して、sony の wena を取り付け可能です。(改造に苦労は必要だけど、これが一番おすすめ!)

wena wrist と Huawei Watch の合体スマートウォッチのレビュー
huawei watch に、wena wrist のバンドを、公式部品で取り付け⇒ トラップ発動!
これ、カッコよすぎで便利すぎるゾ!2台のスマホを連携可能な ツインスマートウォッチ!

ということで、さらに便利にってところで、僕の通常使用時の仕様(笑)まとめ。

デフォルト以外でインストールして使っているアプリは、

↓ 再生ボタンでイケメンのタクミが記事を読み上げます!
Voiced by Amazon Polly
スポンサーリンク

スマホのみ下に表示