スマートウォッチ huawei watch を、2年半使った現在のレビュー!


2年半使っている huawei watch 。
朝7時半に家を出て、今日は帰宅が夜8時前。
約12時間ほど使って、電池の残りが、残り40%ってとこ。(ちなみに、左の赤円が huawei watch の電池容量計)
購入してから、仕事のときは、毎日充電して使っているけど、2年半で、電池のヘタリは、あんまり感じない。
正直こんなに使うとは思ってなかったので、嬉しい誤算!
力技で取り付けている、wena wrist も、すごく便利だし。


フェイスデザインは、今使っているのは、「HHT Field Service」ってデザインのやつ。
カスタム出来るタイプのフェイスデザインなので、デザインをイジってるけど、huawei watch の電池容量も、bluetooth 接続しているスマホの電池容量も、日付・曜日も表示できるんで、すごく便利なフェイスデザイン!それなりにカッコイイし!

スポンサーリンク

----- べんりあつめ。-----

ただーーし、FaceRepoって、サイトから、ダウンロードできるけど、しばらく経つと、というかなかなかキーワード検索しても、探せないから、いいもの見つかったときは、URLを記録しておくことを強くオススメ!同じ奴、今探したけど、探せんかった。。。(T-T)
ファイルを、ネイティブにコピーしておかないと、スマホ変えたときにもう使えないね。。。ま、huawai watch 自体をそのときまで使っているかが先の問題だろうけど(笑)


Android のスマートウォッチは、アンビエントモードと言う、「しばらくたったら電池長持ちモードにするよ!」って機能があるんだけど、huawei watch は、輝度は落ちるけど、室内なら、そのまま普通に見える輝度で、アンビエントモードが使えて、しかも仕事帰りまでは、十分に電池が持つ素敵なスマートウォッチ!仕事終わって、そのまま遊びに行って、午前様ってところまでは、電池容量気にせず使えます。FaceRepo でダウンロードしたフェイスデザインには、アンビエントモードでは通常と違う表示するものもあるけど、カスタマイズで変更可能だから、アンビエントモードになっても、そのままのデザインイメージを保ったままに出来るので、違和感もありません。四六時中同じ状態に見えてこそ便利だし、それが腕時計だよね♪
他のスマートウォッチは、最悪真っ黒になったり、極端に輝度が落ちたり、アンビエントモードでは解像度が落ちたりと、しっかり調べて買わないとすごく落胆してしまうけど、そんな中、先人切って発売された huawei watch は、未だに神機だと、僕の中で話題っすよ(笑)

それにしても、ベゼル周りは、さすがに2年以上使ってるからキズだらけだけど、盤面のサファイアガラスは、傷一つなく、今でもツヤッ艶。重厚感ありありで、ホント、買って本当によかった奴の1つです。スマートウォッチに興味ある人で、重厚感ありありの腕時計がタイプの人には、この huawei watch 。マジで当たりです!(笑)
made in japan の 真剣アナログ時計の knot もおすすめ!

↓ 再生ボタンでイケメンのタクミが記事を読み上げます!
スポンサーリンク

スマホのみ下に表示