電源いらずの超便利な超小型のプロジェクター!


これ、スゴすぎ!
という割には、レビューなさすぎで、なかなか記事も動画も公式のものが多くて、商品のデメリットがわかんない。
それに、安い買い物でもないので、デメリット情報はたくさん欲しいもの。

なんだけどぉ~。。。

また、物欲に負けて、買ってしまったよファーストレビュー。と、商品情報まとめ。
マジで、これはおもしろい!

ということで、まずは、メリットから!というか、公式の情報まとめってとこで。ま、ウリな部分でもあるので。
購入前にここに、情報まとめるんでこれで↓(笑)


サイズ感は、こんな感じです。

スポンサーリンク

----- べんりあつめ。-----

じゃ、デメリットってとこで。
まだ、購入して、数回なので、耐久性は別として。
1、数分で、本体からの熱がちょっと気になる。これ、連続何時間持つんだろう?取説には、連続使用の制限時間とかないので、基本、熱に注意さえしておけばいいのかな?まぁ、どのプロジェクターでもファンが付いてても、熱いから、それなりの熱が出るのは想定内なんだろうけどね。
2、iPhone には使えない。※Android は使えるものと使えないものがある。
3、吸盤的な固定スタンドが付属してるけど、使える場所は限られるので、出来れば三脚ネジとか欲しかったところ。(これは、今、ミニ三脚と三脚ネジが取り付けられる部品も注文しているから後日ってとこで)
4、解像度が 640×360 (これは、使い道によるかな。本格的な画質を求めないなら十分だし、この後、いろいろ試したい遊びに使うための動画再生用と考えれば、解像度が低い方が、動画も作りやすいからいいっちゃぁいんだけどね。)
今のところ、デメリットは、そんなところ。

どちらかと言えば、ファンレスで電池要らずってところを考えると、すごく使いやすいプロジェクターだと思います。
大スクリーンを求める人が欲しがる商品でもないから、近くに投影する分には、30ルーメンという低い明るさのプロジェクターでも十分楽しめます。
それに、約40センチくらいで、10インチくらいの投影が可能だから、机の上とかで楽しめるよね。
なんか、数人で居酒屋とかで飲みながら、使えそうなんで、今度そんな楽しみかたでもしてみようかと♪
Android も、どれでもいいってわけじゃないけど、使える Android 持ってる人なら、最高のおもちゃなプロジェクターかと。
ケーブル1本で、プロジェクター本体の充電もいらないから、気軽に使えるし!

手持ちの古い機種や知り合いの物を借りてを試してみたら動作確認は、こんな感じでした。
Galaxy Note3 OK
Galaxy S6 egde OK
TORQUE2 NG
パソコンは、基本的に windows / mac ともに大丈夫そうです。
USB-C の macbook 12 は、無理かな~って、思ってたけど、ちゃんと使えました。

ちなみに、Android で利用するには、DisplayLink Desktop ってのをインストールしなくちゃだめです。
ここから、ダウンロードできます。
http://www.displaylink.com/downloads/index.php
ダウンロードは出来たけど、インストールはじまらないって人は、エクスプローラーから、拡張子の.apkを探して、それを起動させれば、インストールできるかと思います。
これが出来なければ、Android で使うことは出来ません。

windows / mac も、ドライバーをインストールしないと使えないタイプなので、ちょっと人のを借りて、サクサクッとプロジェクター投影ってわけにはいきませんが、持ち運びが楽だし、電源をパソコンやスマホから取るタイプなので、気軽に使えるプロジェクターということは間違いないようです。。。

ミニ三脚と取り付けネジの部品が来たら、再レビューってとこで!
あ、ちなみに、トップの写真は、Miniray の起動画面で、部屋の壁に、電気つけたまま投影したものです。少し暗くすれば見えるし、明るい部屋でも、投影サイズを小さくすれば、十分見えるかと思います。

スポンサーリンク

スマホのみ下に表示