学習忘備録(Javascript : 配列)


■ 配列
配列を設定 ⇒ 変数 = [値1, 値2, 値3, ...];
配列を呼出 ⇒ 変数[2]; ※0から数えるので値3が呼び出される

例)
let youbi = ['月', '火', '水', '木', '金', '土', '日'];
youbi[3];
結果 ⇒ 木

■ 配列の書き換え

let youbi = ['月', '火', '水', '木', '金', '土', '日'];
youbi[3];
youbi[3] = '雷';
console.log(youbi);

結果 ⇒ ["月", "火", "水", "雷", "金", "土", "日"]

配列の要素数
youbi.length
結果 ⇒ 7

length以外のあといろいろ、、、
youbi.push(); 末尾に要素を追加
youbi.shift(); 先頭要素を削除して、削除した要素を返す
youbi.pop(); 最後の要素を削除して、削除した要素を返す
youbi.remove(値); 一致する要素を削除
youbi.sort(); 要素の順番を並び替え

■ 配列を順に表示

let youbi = ['月', '火', '水', '木', '金', '土', '日'];
for (let i = 0; i < youbi.length; i++) {
    console.log(youbi[i]);
}

現実的だけど、単に内容を表示させるためなら、以下でもOK。

for of 文(let 変数 of 配列)
let youbi = ['月', '火', '水', '木', '金', '土', '日'];
for (let day of youbi) {
    console.log(day);
}

例) 東西南北表示を2種

let houi = ['東', '西', '南', '北'];
for (let i of houi) {
    console.log(i);
}
let houi2 = ['東', '西', '南', '北'];
for (let i = 0; i < houi2.length; i++) {
    console.log(houi2[i]);
}

■ ABCDEの5つのチームのリーグ戦(総当たり)

let ateam = ['A', 'B', 'C', 'D', 'E'];
let bteam = ['A', 'B', 'C', 'D', 'E'];
for (let a of ateam) {
    bteam.shift();
    for (let b of bteam) {
        console.log(a + ' vs ' + b);
    }
}

同じチーム同士の対戦が発生しないように、
bteamの方は、初回含めて一回ごとに先頭から要素を削除していく。

■ 要素を末尾から表示する

let youbi = ['月', '火', '水', '木', '金', '土', '日'];
for (let i = youbi.length; i >= 0; i--) {
    console.log(youbi[i]);
}
スポンサーリンク

スマホのみ下に表示