CASIO EX-ZR4100


写真にそこまで、熱意とか興味とかあるわけじゃないけど、ときどきすごい衝動に駆られて買ってしまうデジカメ。
なんでやろ?
変なのたくさん買ってきた気がする。。。

最近買ったのでお気に入りは、Pentax MX-1。

すごくカメラっぽくてかっこいい!
真鍮が~とかフレコミあるけど、僕が買ったのはシルバーの方。
素直にデザインがいいのは元より、このシルバーと黒の組み合わせが、いかにもカメラ感ありありで。
重さも重厚感あって、気軽にって感じではなく、撮るぞ!って感じをさせてくれる。
クラシカルなデザインだけど、ディスプレイ部が、90度動いたり、ローアングルからの撮影が、普段見慣れないアングル撮影できて、すごく楽しい。
グリップ部の質感とか、フラッシュのデザインとか、いちいちカッコいい。
純正品じゃないけど、ブラウンのカメラケースとの組み合わせもすんごくかっこいいし、「カメラ」って感じ。

スポンサーリンク

----- べんりあつめ。-----

あいにく、使いこなす前に、故障してしまった。。。
修理に出す前に、見つけてしまったのが、この「CASIO EX-ZR4100」
MX-1の、今時、カメラレンズのカバーをしなくちゃいけないのかよ!って突っ込みたいところも合わせて、全部好きだったけど、「CASIO EX-ZR4100」に切り替えたのは、広角の便利さを最近求めてしまっていたため。

デザイン的には、ぜんぜん、MX-1 なんだけど、ディスプレイ部が、MX-1みたいに、動く。むしろ、ディスプレイ部は、MX-1を超える使いやすさ!ローアングルはもちろん、ハイアングルでも、画面が勝手に回転してくれるので、すごく使いやすい感じ。
サイズ感は、幅がない分だけ、若干小ぶりに感じるくらい。
広角19mmとか、フロントにシャッター付いてたり、スマホ転送出来たりと、小回りが利くカメラ。

今度こそは、使いこなしたいので、使いこなし術として、記録していくことにして、まずは、スマートフォンとの連携にチャレンジ!

■スマートフォンとbluetooth常時接続で、画像を自動転送
専用アプリは、EXILIM Connect
・カメラ2台まで、bluetoothでの接続設定が可能(そんなバブリィじゃないんで、1台で十分だけど)
・カメラ内の画像が見れる
・スマートフォンをシャッターボタンとして使える(これ超便利やん)
・自動アルバム作成付き(あってもなくてもいいかもね~(笑))

とこんな感じみたい。

さて、肝心の【アプリの設定】

1、デジカメのWiFiボタンを押して、ペアリング ⇒ 開始
2、アプリ側 ⇒ カメラとペアリングする ⇒ 開始
3、すぐ、ZR4100ってのが見つかるので、それを選択。位置情報どうするか聞いてくるので、今回は、「常に許可」にしてみた。
4、インストール画面へ ⇒ 許可してインストール
5、アプリに戻るってボタン出てくるので、戻る

ここで、接続できませんでした!って言ってきた。(たぶん、自宅で設定していたので、すでに自宅のWiFiに接続されていたからだと思う。なにもwifi接続していないとすんなりいくんじゃないかと。)

スマートフォンのWiFi設定見ると、ZR-4100のWiFiが見えているので、そのWiFiに切り替えてみよう!

無事接続すると、Scene連携をどうするか聞いてくるけど、SCENEというアプリを入れる必要があるので、ここはキャンセルでOK。多分、使わない気がするので、入れなかった。

無事設定が終われば、あとは便利につかいましょ!

すごい!と思ったのは、

カメラの電源切った状態で、スマホのアプリで、「リモートで撮影する」を選択すると、勝手にカメラの電源入って、リモート撮影状態まで持っていってくれること。
これ、すごいよマサルさん!(ちょっと、時間かかるけど)




スポンサーリンク

スマホのみ下に表示